最新のお知らせ

【2021年1月15日付け価格変更のお知らせとご理解へのお願い】
東京ドール 代表取締役
渥美圭介


平素はお客様,お取引様におきましては格別の お引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

2017年4月からのキャンペーン価格より据え置いてまいりました製品価格を
誠に不本意ながら、2021年1月15日(金)より改訂させていただくことになりました。

思えば、2002年からの研究開発開始、2007年シームレスドール事業創業、

2010年の東京ドールブランド立ち上げ以来、リーマンショック、
2度の消費税増税、長引く雇用不安と不景気を経験するに至り、
それらの危機を経ても今日に至るまで企業努力で切り抜け、一度も値上げをしませんでした。

その間にも2度の増税により、当然ながら輸送コストや燃料などが上がるため、
材料価格自体は消費税を上回る高騰を続けてきたことは、
多くの皆様におかれましてもご理解なされていると存じ上げます。

もちろん、経営の合理化、行程の簡略化や人件費の削減などの企業努力もしてまいりましたが、
歳出に追いつかない歳入など収支バランスの崩れは押さえられておりません。
そのため、製造コストの観点から、高額なプラチナ(白金)触媒のシリコンを、安価なポリ素材に変更することも視野に入れ関係各社とも協議しましたが、
TPEでは品質の維持と人体への影響への配慮が困難と判断し、主力製品への導入・開発を断念しました。

事ここに及んで、
従来の適正価格に少しでも近づけるという最後の聖域にメスを入れなければならないという苦渋の選択を余儀なくされました。
ちなみに2006年、消費税5%時に算出した価格は60cmシームレスドール一体18万円ほどです。
しかしその適正価格にするのではなく、
2017年の大幅値下げ以前の価格帯あたりになる程度では押さえるつもりでおります。

私は創業以来、一企業人として事業を成功させようと考えた事は一度もありません。

常に面白い世界観を多くの人と共有できたら…と胸を膨らませ製作に打ち込んで参りました。
価格を不必要に高騰させて富を得るような真似は考えておりませんし、この先もありません。
ただただ、このシームレスドールの世界観を維持継続させていくためのものであります。

企業然とした堅苦しい美辞麗句も、耳障りの良い営業トークも苦手です。
この度の製品価格の値上げに関する一件は、建前上のビジネス文章でもなく、
渥美本人の肉声として皆様にお願い申し上げる次第であります。

シームレスドールファンの皆様におかれましては、
何卒ご理解ご協力のほど賜われましたらと存じ上げます。

以後も多くの皆様と手を取り合ってシームレスドールを楽しむ世界観の発展を願いつつ、
終わりの言葉にかえさせて頂きます。

GIRL'S NAME
女の子の名前から探す

シームレスドールについて
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2020年12月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

RECOMMEND ARRIVALS  オススメアイテム